コンブチャクレンズは危険?副作用や実際にあったトラブル

コンブチャクレンズの危険性と副作用

 

コンブチャクレンズで体重を減らそうとする前に、副作用などの安全性も確認しておきたいところです。

 

普通に考えれば副作用などの危険性がある商品が売られているワケはありませんが、危険性はありますよ。と言ったらあなたは信じるでしょうか?

 

コンブチャクレンズ危険性副作用を真剣に考えるには、体重を減らすという事はひとまずおいといて、一般的な食事や食品として考える事が必要です。

 

そうやって考えていくと細かい部分で考えられる副作用や、大きな副作用を引き起こす可能性を知る事ができます。

 

もちろん誰にでもおこる副作用という事ではないので、必要以上にコンブチャクレンズの危険性を気にする必要はありませんが、こんな副作用がおこる可能性もあるという事を知っておいて損はないでしょう。

 

 


コンブチャクレンズの危険性は酵母菌にあるかも

コンブチャクレンズの販売メーカーでは、食物アレルギーがある人は念のタメ医師に相談の上で飲む事がすすめられています。

 

しかし、食物アレルギーだけではわからないアレルギーが存在し、それがコンブチャクレンズの特徴と言える酵母菌にあるとしたらどうでしょう?

 

まずはこれらの酵母菌を知っておく必要があります。

トルラ酵母菌とは

トルラ酵母菌は太りにくい体質作り成分として宣伝されています。

 

*詳しくはこちらのページもどうぞ。
コンブチャクレンズ(kombucha cleanse)の口コミ

 

まずはトルラ酵母菌とはどういうものなのか知っておきましょう。

 

トルラ酵母菌の成分

トルラ酵母菌に含まれている成分は、システイン、グルタミン酸、グリシンの3つで食用の酵母エキスとしてよく使われる成分です。

 

一般的には過酸化脂質を抑えるなど、体内の酸化を防ぐとされています。

 

このトルラ酵母菌はドイツでは健康補助食品とし認可され、アメリカではFDA(米国連邦食品医薬品局)も安全性を認めています。

 

システイン

システインと言えば肌を白くする効果として使われる事が多く、シミの原因メラニンの発生をおさえる働きがあるので抗酸化作用として使われますが、この他に体の燃焼をサポートする働きもあります。

 

二日酔いの症状を軽減するのにシステインが良いのも、この燃焼をサポートする作用があるからです。

 

グルタミン酸

グルタミン酸はうまみ成分として天然の食品にも含まれています。
簡単に言えば日本食の出汁(だし)の成分と考えれば良いでしょう。

 

この他にグルタミン酸と言えば疲労回復です。
疲労回復系のドリンクのCMで「グルタミン酸配合!」と宣伝されているのを聞いた事があるはずです。

 

グルタミン酸が疲労回復に良い理由は、体のエネルギーとして利用されるアミノ酸だという事と、疲労を感じる原因となる筋肉に残ったアンモニアを無毒化し尿として排出するためです。

 

このタメ、グルタミン酸は尿が近くなる作用があります。

 

グリシン

グリシンでよく言われる効果は睡眠の質を高める効果です。
これはグリシンの血管を広げる作用により体内の熱を放熱し体温を下げる事により、寝付きが良くなるからです。

 

この他に美肌効果があります。

 

美肌効果が取り上げられる理由は、睡眠の質を良くする事により成長ホルモンが作りやすくなる事とコラーゲンの約3割がグリシンだからです。

 

また胃の調子を整えたり、肝臓で有害な毒素を解毒し体外へ排出する作用もあります。

 

 

これらの成分の作用を知っておくと、コンブチャクレンズが「余分なものを体外へ排出」と宣伝している理由が具体的にわかると思います。

パン酵母菌の作用

ではパン酵母菌はどうでしょう。

 

コンブチャクレンズの説明ではパン酵母菌により、「炭水化物・糖質・脂質を発酵させ退治する」となっていますが、つまりはこれらの成分を消化・分解するという事です。

 

この他βグルカンも含まれているので整腸作用も期待できます。

 

これは食べ物として区別するとパン酵母βグルカンは食物繊維に分類されるからです。

 

パン酵母は炭水化物に糖質や脂肪を取り込んで発酵する時に炭酸ガスを発生させるので、コンブチャクレンズを飲むとおならが出やすくなると言う人はこの作用のためかも知れません。

 

またパンを作る時に発酵し膨らんでくるのもこの炭酸ガスの影響です。

 

 

トルラ酵母菌は余分なものを体の外に出すのに対し、パン酵母菌は体内の燃焼をサポートしているという事がわかり、コンブチャクレンズの宣伝通りになっています。

酵母菌の成分による副作用

体に必要な物が酵素で何かを発酵させるのが酵母なので、酵素と酵母は違うものですがこのどちらも入っているのがコンブチャクレンズの特徴です。

 

そうなると一見何も問題無さそうで、コンブチャクレンズに副作用や危険な事はなさそうに感じますが、実は副作用がでる可能性はあります。

 

 

まずは先にあげた成分でおこりえる副作用を見てみます。

 

システインの副作用

大量のシステインを摂ると胸のむかつきに吐き気や嘔吐、下痢や口の渇きに軽い腹痛をもたらす事がある。

 

グルタミン酸の副作用

大量に摂ると不眠や精神障害に肝臓への負担を高める事がある。

 

グリシンの副作用

グリシンも大量に摂る胃腸への影響や下痢に吐き気やむかつきの症状がでる場合があります。

 

βグルカンの副作用

βグルカンは消化系なので、大量に摂ると下痢になる可能性があります。

 

 

これらの副作用に共通しているのは「大量に摂った場合」です。

 

つまり現在公表されているこれらの副作用はサプリなどによってその成分だけを集中的に摂った場合に限られてくるので、天然成分である酵母菌にこれらの成分がかたよって大量に含まれているという事はないので、コンブチャクレンズの副作用や危険性はあまり気にする必要は無いと言えます。

コンブチャクレンズで副作用がでる可能性がある人

それならコンブチャクレンズは安心だ。と思うかも知れませんが実はまだ危険性が残されています。

 

それはトルラ酵母菌とパン酵母菌各々の成分によるものではなく、酵母菌自体によるアレルギーのイースト症候群という症状があるからです。

 

酵母菌のアレルギー

コンブチャクレンズのメインになっているトルラ酵母菌とパン酵母菌はまとめると酵母菌で、酵母菌にはこの他にもビール酵母やワイン酵母に日本酒酵母などがあり、パン酵母は昔はイーストなどと呼ばれていましたが、イーストとは酵母の英語読みです。

 

イーストアレルギー

この酵母に対するアレルギーがあるという事を知っている人は少ないかも知れませんが、イーストアレルギー、イーストコネクションと呼ばれカンジタ症もアレルギーによっておこる症状の一つです。

 

カンジタ症-wiki

 

カンジタ症と言っても、腸内にいるカンジタ菌が増えて起こるもので一般的なイメージのカンジタとはちょっと違い様々な症状がでますが、そもそもカンジタとは酵母の形をした菌なのです。

 

でも日本人は味噌や醤油など昔から発酵食品を口にしているので大丈夫では?と思うかも知れませんが、この様な昔から日本にある酵母は大丈夫でも、海外から入ってきたビールやパンにワインなどの酵母には反応する場合があるので注意が必要です。

 

これを考えると、食物アレルギーやカビアレルギーがある人はイーストアレルギーも持っている可能性もあるので、コンブチャクレンズを飲む前にアレルギー検査を受けた方が良いかも知れません。

 

コンブチャクレンズとアレルギー

 

ただし、これまで発酵食品を食べてアレルギーをおこした事のない人はほぼ気にする必要はないでしょう。

 

具体的には味噌・醤油・お酒・ワインにチーズやパンに甘い物を食べてアレルギーをおこした事が無い人は、コンブチャクレンズによるイーストアレルギーの副作用をあまり心配する必要はないと言えます。

 

下痢になりやすい人

この他に胃腸が弱く下痢になりやすい人は、コンブチャクレンズでも下痢をおこす事も考えられます。

 

コンブチャクレンズは酵母菌や乳酸菌が入っているので、腸の活動が活発になることは誰もが予想でき、腸が正常に動き出すという事は便秘の解消にもつながります。

 

ところが腸が敏感になっている人は刺激により下痢になってしまう事もあります。

 

ただしこの様な腸が敏感になっている人は、日頃から下痢になりやすい体になっているのでコンブチャクレンズの副作用で下痢になったという事ではなく、何であっても腸に作用する物を食べると下痢になっているはずです。

 

その場合はコンブチャクレンズを飲む量を減らしたり、薄めたりすることで調整するのが上手な飲み方になります。

 

便秘気味の人

また今まで便秘だった人がコンブチャクレンズを飲んだら下痢になったという事も考えられます。

 

この場合はいままで腸が正常に動いていなかったために便秘だったわけですから、下痢になるという事は腸が正常に動き出したという事になり、すべてが副作用だという事でもありません。

 

むしろ便秘で腸に溜まった便をまずは排出するタメに体が反応したのかも知れず、下痢はすぐに治まるかも知れないので前向きに考えるべきです。

 

コンブチャクレンズを飲む事により腸が急に動き出したわけですから、最初は腸が色々と動くかも知れませんが正常な活動状態に落ち着けば、下痢も治まるでしょう。

 

ただし、あまりに下痢が続く場合はやはりコンブチャクレンズを飲む量や薄め具合で調整するのが上手な飲み方で、下痢になったから飲む事をすぐやめるのは便秘解消の一歩手前まできたのにまた元に戻るというもったいない事にもなりかねません。

コンブチャの危険性と副作用のトラブル

こうして考えるとコンブチャクレンズに危険性はほぼありません。

 

コンブチャとコンブチャクレンズ

コンブチャクレンズはコンブチャがベースになっていますが、コンブチャとは海外での呼び名で日本の昆布茶(こんぶ茶)の事ではないので「こんぶ茶クレンズ」とは呼びません。

 

コンブチャとは日本で一昔前に流行った「紅茶キノコ」の事です。

 

コンブチャクレンズは、海外セレブの間で流行っているクレンズダイエットを、クレンズジュースではなく海外では広く知られているコンブチャで行う、今迄ありそうでなかったドリンクなので、海外セレブもすぐ飛びついたワケです。

 

クレンズダイエット:100%天然野菜のクレンズジュース・スロージュースを食事のかわりに飲みデトックスしながら行うダイエット方法。

 

コンブチャは紅茶キノコの事

紅茶キノコが流行ったのはその成分や効果はもちろん、作り方が紅茶にコンブチャの菌(scoby)を入れ発酵したらそれをコシて出来上がりと簡単なので、紅茶キノコの菌(株)を人からもらえば誰でも自分でコンブチャを作れコスパが良かったからです。

 

 

つまりかなり昔からコンブチャ(紅茶キノコ)の美容や健康効果に注目はされていたのです。

 

ではなぜ「コンブチャクレンズは危険」という話がでてくるかというと、紅茶キノコを自分で作るブームで起こった出来事に由来するのでしょう。

 

紅茶キノコの副作用

昔流行った健康法に紅茶キノコ健康法は、ダイエットにも良いのではないかとブームになりました。

 


紅茶キノコ健康法

 

これが今のコンブチャの事で、菌さえあれば自分で紅茶キノコエキスを作れる事からコスパが高い健康法として注目されました。

 

しかし自分で菌を培養して作るという事からカビが混入した物を飲んでしまい、腹痛や下痢の症状がでた為「紅茶キノコは危険」という噂が流れるようになった事があります。

 

もちろん現在販売されているコンブチャにこの様な危険性はなく、今の時代にその様な製品を販売するわけもありません。

 

さらにこの時の原因もコンブチャではなく、混入したカビなどの異物や発酵させすぎによる副作用ではないか?という結論になっていて、さらに他の研究では紅茶キノコに危険性はなくその理由は「紅茶キノコはほぼ酢酸だから」という発表もされています。

 

「紅茶キノコ」を形成する微生物には病原性を有するものは認められず、また病原微生物による汚染の危険もほとんどないと思われた。さらに、生産される有機酸もそのほとんどすべてが酢酸であり、本調査に用いた「紅茶キノコ」液に関しては特にその飲用を危険とする因子は見いだされなかった。

引用元:いわゆる「紅茶キノコ」の微生物と有機酸(東京都立衛生研究所)

 

しかしこの時の事を知っている人はコンブチャ人気の再来に思わず「あれは危険ではないのか?」という記憶を思い出し、コンブチャクレンズも危険で副作用がでるのではないか?と思ったのかも知れません。

 

もちろん現代の日本で生まれたコンブチャクレンズは、この様な危険性やトラブルを心配する必要はありません。

 

コンブチャのトラブル

では今でもたくさんの人が飲んでいる海外ではコンブチャのトラブルが起きていないのか?という疑問を持つと思いますが、実はトラブルが起きています。

 

といってもコンブチャの副作用や危険だ!というたぐいのトラブルではなく、コンブチャの作り方は発酵させるのが基本なのでその過程で発生するアルコールについてのトラブルです。

 

アルコールによるトラブル

このアルコールを含む量が多いと健康飲料ではなくアルコール飲料になってしまうのですが、それの何が問題かというとアルコール飲料になるとアルコール税がかかり、販売メーカーは今迄より多くの税金を払う事になります。

 

そうなるとコンブチャの販売価格も値上げしなければならず、これにコンブチャの愛好者やメーカーが反発しちょっとしたトラブルになっているというワケです。

 

この様なトラブルが発生する裏には、海外ではコンブチャ人気で販売数が増えているので、そこに高い税金のアルコール税をかけ税収を増やしたい行政の考えがあるという状況があるからです。

 

しかし、コンブチャクレンズの生産は日本国内で行われていますしノンアルコールなので、この様なトラブルが発生する恐れはありません。

 

自家製のコンブチャは危ない可能性も

 

まとめると、まずコンブチャクレンズと紅茶キノコ(コンブチャ)は同じ物ではないという事を知っておく必要があります。

 

その上でコンブチャクレンズの危険性や副作用、トラブルに関しては次の様にまとめる事ができます。

 

  • コンブチャクレンズに紅茶キノコ(コンブチャ)の様な危険性や副作用は起こり得ない。
  • コンブチャクレンズはノンアルコールなので、海外の様な税金トラブルはおきない。
  • コンブチャが危ないワケではなく自家製のコンブチャ(紅茶キノコ)で危険性が疑われた事がある。

 

コンブチャクレンズは日本製なので、海外製のコンブチャクレンズというものは存在しません。

 

つまり、通販で海外製のコンブチャを買うとアルコールが少々含まれるものもあるかも知れませんが、コンブチャではなくコンブチャクレンズを買えばこの様な危険性を心配する必要は無いと言う事になります。

コンブチャクレンズの世界基準の安全性

この様にコンブチャがたくさん飲まれている海外では、それなりのトラブルもおきてはいますがそれは危険性というより健康ドリンクで扱うか、アルコール飲料で扱うかという話の事です。

 

これはそれだけコンブチャを飲んでいる人が多いという裏付けにもなります。

 

ほんのわずかの一部の人の間で人気になっていると言う事であれば、この様なトラブルもおきないでしょう。

 

またコンブチャを飲む人が多い海外にはコンブチャ協会という団体もあるほどで、安全性が無視されているという事でもありません。

 

コンブチャクレンズがコンブチャ協会に加盟

 

日本のコンブチャでこの協会に加盟しているのはコンブチャクレンズだけなので、世界基準のコンブチャになってはいますがコンブチャクレンズは日本製なので、どこの国のコンブチャより品質が高い事は誰もが想像できる事でしょう。